彼女があげたネックレスをつけてくれない・使ってくれない、望ましい理由(実体験)

気に入らない?
キライなデザインだった?
微妙だった?

こんな風に悶々とする優しい「彼氏」さんもいると聞きます。
人気ブランドを雑誌やネットで調べたけど、使っている様子をみないと気になりますよね。

しかし、実は、使わないから気に入っていないとは限りません。
今日は、私の実体験からその理由を徒然に。

プレゼントのネックレスを使わないから喜んでないとは限らない理由(実体験)

まず書いておきたいのは、「真相は彼女にしか分からない」ということ。
アレコレ思いあぐねて予想しても、ホントの所は彼女にしか分かりません。可能性としては本当に気に入っていない事もありますが、すべてがそうとも限りません。

大切すぎて使えない

これは、私の体験談です。
初めて付き合った彼から、数万円するブランドのネックレスを初のクリスマスプレゼントに貰いました。

でも、もらってから数ヶ月は使えませんでした。
初使用した後も、デイリー用では使わず。

気に入っていないからではありません。
好みじゃないからでもありません。

…というより、自ら百貨店やショッピングビルのブランドを何日かかけて下見をして一番気に入ったものだったので、好みどストライクな欲しかったネックレスだったのです。

私の場合は、ものすごく気に入っているからこそ使えなかったのです。

気に入っているからこそ、頻繁に使わない理由

初めての、大好きな彼からのアクセサリープレゼント。
しかも数万円もします。自分で買ったネックレスよりも1番高いダイヤと十八金のネックレス。
キラキラとしたクリスマス限定のケースをブランドの箱とともに、そのまま机の隣に飾っていました。

なぜ?

一言で言うと「もったいなかった」からです。
「とにかく大切にしたかったから」です。
そんな過去の私は、数ヶ月間、鑑賞用としてのみ愛でていました。笑

H&Mやユニクロとまではいかずとも、BLOOM(ブルーム)やete (エテ)、サマンサタバサやcanal 4℃(カナル ヨンドシー)等1万円程で買えるネックレスのレベルではなかったので、ネックレスのVIP待遇です。

汗をかく日や、首に日焼け止めを塗った日にジャンジャン使うとネックレスの劣化は早まります。
変色や劣化は避けたかったので、汗をかかない日や日焼け止めも塗らなくて良い日のみの使用。

彼は「飾り物じゃないんだから…」と笑っていましたが、楽しい思い出です。
上記は私の体験談ですが、中にはそんな彼女もいるかも。

ファッションや年代に合わないから使いたくても躊躇する場合

男性だと気にしない程度のことでも、気になってつけられないこともあるようです。
ネックレスのプレゼント自体は嬉しいけれど、服の系統や年齢を考えると使いにくい、それ用の服を買うのも何だし…という女の子がいるのは事実。
「そ、そこまで…」レベルのおしゃれ基準や価値観を持っていることはあります。(そうならないために、このサイトを書いてもいるのですが…)

また、最初からこだわりが強いとわかっている場合はネックレス等の後に残るモノよりは「高級レストラン」「ヘリで夜景体験」等の体験系も良いかもしれません。
また、中には普段おしゃれをしない子だと、「つけたいけど恥ずかしい」との控えめな女の子もいてもおかしくありません。

最悪、本当に気に入ってなかったら?

あってほしくはないですが、もしそうだとしても好きな彼から貰ったプレゼントなら嬉しいはず。

日頃の人間関係や深さも影響するとは思いますが(笑)
普段から、彼女の服装やアクセサリーやファッションが好きな女性はこだわりがあったりするので、一緒に選べたらいいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする